猫の熱中症対策

猫の熱中症対策はどうする?キャットフードで気をつける事

猫の熱中症対策はどうする?キャットフードで気をつける事

子猫の頃からのトレーニングで、猫なのにお手が出来るようになった

読了までの目安時間:約 2分

 

猫のなのにとても頭が良くお手ができます。
子猫のころからのトレーニングが功を奏して、右手の手のひらを顔の前にかざすときちんと右手でタッチしてくれます。

ただし、犬のようにいつもとはいかないところがやはり猫です。
ご褒美のおやつは大好きなメーカーであること、そして大好きなお父さん以外の家族には気が向いたときにしかしてくれません。

トレーニング不足か、むしろ頭が良いからえり好みが激しいのかはわかりませんが、きちんとお手をしてくれた時の可愛さは最高です。
ものすごく内弁慶で宅配のお兄さんやお客さん、近所の野良猫などとにかく家族以外をものすごく怖がります。

お客さんに噛みついたり攻撃してしまうことはないのですが、パニックを起こしてとんでもないところまで逃げて隠れてしまいます。

今までは箪笥の上やテーブルの下など家の中で逃げていたのでまだ良かったのですが、マンションの1階に引っ越したのでそのうち外に逃げてしまうのではとハラハラしています。
せめて迷子になってしまった時のために首輪を付けさせて欲しいのですが、それもものすごく嫌がります。

ペルシャ猫は長毛で家が毛だらけになって大変

読了までの目安時間:約 2分

 

普段は構っても見向きもしてくれないキジトラですが、外出などでしばらく家を空けると帰宅した際にとても甘えてくるのがたまらなくカワイイです。

抱っこが苦手な性格だったのが最近ではおばあちゃん猫になりつつあるためか、自分から膝に乗ってきてくれることが多くなりとてもうれしく感じています。

また、テレビ台の隙間やドアの角といったマニアックな個所を念入りに嗅いだ後にフレーメン反応の顔をされると毎回笑ってしまいます(笑)

 

外出させると病気をもらって来かねないので家猫として飼っているのですが、隙を狙って脱出を図るので困っています。

また爪切りがとても嫌いのようで、いつも苦労させられます。
爪とぎはするもののそれだけでは足りないので爪を切らせてほしいのですが、唸って暴れるため切るどころの話ではありません。

ペルシャは長毛なうえ毛が抜けやすいのでこまめにブラッシングをするのですが、それでも毛が抜け放題なので家のあらゆる場所が毛だらけになってしまって大変です。

猫の熱中症対策

読了までの目安時間:約 2分

 

「猫は、発汗作用によって体温調節が出来ないので、これから迎える夏は熱中症に注意が必要です!!」

・熱中症対策・

①飲み水の確保。

②部屋の温度。(エアコンの活用!室温、25℃位が猫 にはベスト)

③家全体を風通し良くする
(エアコンの冷気を拡げる。)

④凍らせたペットボトルを部屋に置いてあげる。(空気に触れると、ひんやり涼風感。天然の冷風機。わが家の猫は、肉球□をつけたり、顎をのせたりしてました!)

⑤ペット用のクールマットなどを活用。

 

熱中症の症状

・開口呼吸

・目の充血

・発熱

・嘔吐

・熱痙攣

進行→

・虚脱

・失神

・意識混濁
「留守番中に、起こりやすい熱中症の事故」

・お留守番の最中、うっかりエアコンがきいてない部屋に入り込んでしまい、不幸にも閉じ込められてしまうなど……。
予測不能の事故は日常にはつきものです。

ですが、発見が遅ければ最悪 死を招く熱中症。

 

そうなってからでは、後悔しきれません!
夏のお留守番の際は、もう一度部屋の温度などの見直し、暑さ対策をしてあげてください。

*特に、子猫やシニア 肥満の猫ちゃんは熱中症になりやすいので、より注意が必要です。

【全年齢対応】キャットフードでおすすめする安全な選び方とコスパ抜群商品まとめ

私もネコも寝相が悪い

読了までの目安時間:約 2分

 

寒い時はいつも私にくっついて来るので、ポカポカして冷えを感じずにすみます。
夜寝る時も毎晩ベッドの上にやって来て、私にくっついて寝ています。
時々、いびきをかいたり寝言を言ったりしているのが聞こえて可愛いです。
私もネコも寝相が悪く、途中で目覚める事もありますが、場所を譲り合って上手に寝れるようになりました。
朝は時々ネコパンチで起こされることもありますが、大抵は私のとなりで私が起きるまでじっと待っていてくれるので癒されます。
とてもナイーブなネコなので、いつもと違うシチュエーションだとストレスを感じるのか体調まで崩してしまいます。
急に食欲がなくなったり、食べた物を吐いてしまったり、トイレに間に合わなかったりするのでとても心配になります。
そんなこともあり、他人に預けたり、違った環境の所に連れていくことは不可能なように思います。
また、規則正しい体内時計を持っているようなので、食事の時間をずらすことも難しいので困ってしまいます。